News

お知らせ

2018年2月

  • お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?

    家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

    家づくりは家さえ建てばよいということではありません。

    将来資産・財産となる家づくりと、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。

    多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。

    その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

  • YOU・ホ-ムが出来ること

    一、「引渡完成保証全戸対応宣言」

    ニ、20年以上の経験を持ち地元職人の棟梁による家づくり。

    三、お住いになられるのはお施主様です。
    だからこそ個々ににあう自由なプラン・デザインの
    家づくりのお手伝いをします。

    四、自社保証に加え全てのお家に標準で地盤・建物に
    第三者保証をつけます。
    YOU・ホ-ムが出来ないこと

    一、少人数のスタッフのため棟数を競うような家づくりは
    しません。

    二、ムダな広告費やお施主さんに負担がかかるような
    ムダな建築費はかけません。

    三、正直・・・上手な営業は出来ません。
    どちらかとゆうと口下手です。
    お約束します。強引な売り込み訪問販売はしません。

     

  • こだわり建物: 「MODEL 2020」 エコロジ-住宅 タイプⅠ~Ⅳ
    約 束: 強引な売り込み&訪問販売は一切致しません。安心してお越し下さい。

  • 良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

    なぜでしょうか?

    実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。

    「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。 「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。
    【補足説明】 「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。
    とにかく、不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。

    ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

    いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件をお客さんのために提案するということが難しいのです。

    また、不動産の営業で一番の苦労は、何と言ってもこの「売り物件の情報収集」です。不動産、免許さえ受ければ誰でも営業できます。でも、売るものがなければ商売は成り立ちません。

    そこで、「いい物件をください!」と業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

    もちろん、私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。

    もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。

  •  

    いい家を建てる工務店はみつかった。じゃあ次に必要になるのは?

    もちろん、土地(地面)です。

    良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。

    失敗は許されません!

    家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

  • YOU・ホ-ムの住宅設備は信頼性の高い国内一流メーカー品を使用。建物本体標準価格には、下記の装備品が含まれます。

    下駄箱・照明器具(居室を除く)・キッチン・レンジフード・エアコン用スリーブ・カーテンレール・換気扇・吊戸棚・混合栓・給気レジスター・シャンプードレッサー付洗面化粧台・ユニットバス・24時間換気システム・浴室暖房乾燥機。そして、これからはオ-ル電化仕様が標準になります。

    YOU・ホ-ムは、建物本体の性能だけではなく、設備や仕様についても入居される方の住みやすさ・使いやすさをテーマに厳選しております。

  • 後悔しない家作りとは

  • 家を建てるにあたって、一番不安に思うことはどんなことですか?

    あなたのお友達とかに、家づくりついてアドバイスを頂いておられると思います。

    でも、不安な気持ちがあります。

    お家を拝見して、「キッチンは明るくて使いやすい」「お風呂も明るくてきれい」 当たり前です、新築なのですから。

    本当の家づくりの不安は、そんな目先の事では無く具体的な部分にあります。

    今回、「家づくりの羅針盤」と題して期間限定で相談会を行います。お気軽にご相談下さい。

    直接会いたくない方は、メ-ル又はFAXでお問合わせ下さい。お待ちしています。

    日 程:平成30年3月3日(土)~  3月21日(水)の期間     時 間:AM10:00 ~ PM4:30

  • ・これから家づくりを考えるなら、是非「相続税を含めた税金」のことも知った上でお家の計画をたて、そして一番大切なロ―ン組について検討し「将来資産となる家づくり」を実現しましょう。
    「家づくりで失敗しない」ために・・・・・

  • 当初は性能表示とで誤解が生じ、また「200年住宅」があり様々な問題もありました。
    今は長期優良住宅の制度もずいぶん整備されました。

    私達、YOU・ホ-ムが建てた家は、お住いになられてからがお施主様との本当のお付き合いが
    始まると考えています。そのためお引き渡しの時に「家履歴書」をお渡しし、
    1年・3年のアフタ-点検を行った内容を全てこの「家履歴書」に記載します。

    家は何もしなくても10年~30年ともちます。しかしこの間劣化は進んでいます。
    たとえば外壁の塗装は常に雨風にさらされ、また夏の日射にもさらされ一番過酷な条件から家を
    守っています。屋根もまた同じです。

    こんな過酷な条件の部分を維持管理しないで放置していれば大切なマイホ-ムも長持ちしません。

    私達、YOU・ホ-ムは計画的なメンテナンスをアドバイスさせていただいています。

    もう一つは、ライフスタイルの変化に伴う「間仕切り空間」の変更です。
    2人からの生活から始まり、やがて子供が生まれ大きくなり、子供も独立又は同居といった
    ライフスタイルに合わせた「間仕切り空間」の変更です。

     

     

    YOU・ホ-ムとしての「長期優良住宅」は、下記の内容に整理しました。

    認定基準-1
    a 構造躯体等の劣化対策
    構造躯体とは住まいの骨格のことです。この大切な骨格を防腐・防蟻対策
    をしっかり行ない耐久性を持たせます。
    b 耐震性
    ずばり地震に強い家です。大きな地震に対して倒壊しにくい、損害が少な
    くて済む一定の耐震性を持たせています。
    c 可変性
    ライフスタイルの変化などに応じて、間取りの変化を可能にしやすくしています。
    認定基準-2
    d 維持管理・更新の容易性
    耐用年数が短い内装・設備部分を、清掃、点検、補修、更新をしやすくしています。
    e 高齢者等の配慮対策
    将来的にバリアフリ-改修に対応できるようにしています。
    f 省エネルギ-対策
    地球にもエコ・家計にもエコ。冷暖房によるエネルギ-のロスを最小限に抑えられる
    よう十分な断熱性を持たせています。
    認定基準-3
    g 住宅規模の基準
    住宅の床面積が、良好な居住空間を確保を確保できる広さの工夫。
    h 居住環境への配慮
    良好な街並みや景観に配慮し地域の環境を調和させる。
    i 維持保全
    定期的な点検を維持保全計画書として提案。
    以上の項目です。